2008年08月09日

ほのかに時を刻む…

honoka.jpg建築家でありプロダクトデザイナーの寺田尚樹によるデザインクロック『HONOKA』。

※寺田尚樹さんは数年前、ある番組企画で新しい鯛焼き(ミニ鯛焼きをリング状にしたデザイン)を提案。担当サカヅメ、そのインパクト強く覚えているのですが、皆様はいかがでしょうか。

この「HONOKA」、白く丸みを帯びたフォルムは建物との境界が曖昧になります。まるで時間と空間が融合したような不思議な印象を受けます。

バリエーションは3種類。文字盤がミラーになったモデルは、周囲の風景を文字盤に映し込みますが、風防にプリントされたモアレパターンが風景を曖昧にします。白文字盤のモデルは、針の裏側に塗られた蛍光色が文字盤に写りこみ、淡く時を表示。時計自体の存在も時間も「ほのか」です。

 Lemnos(レムノス)「HONOKA」icon
 価格 39,900円

 Whereto buy : http://shopping.yamagiwa.co.jp/shop/goods/goods.aspx?icon
posted by SHIMI at 19:07| Interior | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。