2008年01月30日

アヴァンギャルド!

avantgarde.jpg60〜70年代の日本のいわゆるアングラ演劇ポスター集である。
唐十郎、寺山修司らが斬新な脚本や芝居を発表していたあの時代、暗い日本の水面下で、きっとキラキラ輝いていただろう。
その状況をまざまざとこのポスター群は伝える。これらポスターなしには、彼らのかっこよさは間違いなく半減していたに違いない。
横尾忠則、宇野亜喜良、和田誠、粟津潔、平野甲賀、合田佐和子……。名だたる面々がまだ若い頃、アングラ演劇に賛同し、夜な夜な酒場で夜を明かしながら、素晴らしいシルクスクリーンのポスターを作ったのだろう。かっこいい。
私は個人的にこの本が大好物である。このサイズでこの厚み、しかも5000円ポッキリ! 買うしかないよ。ジャパニーズグラフィックの歴史の上で絶対にはずせない時代である。

 ジャパン・アヴァンギャルド
 価格 5,040円(税込)

 Where to buy : http://www.amazon.co.jp/ジャパン・アヴァンギャルド-アングラ演劇傑作ポスター100-カマル社
posted by SHIMI at 09:00| Culture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。