2008年02月21日

四万十川は新聞紙を使います。

itou_bag.jpg古新聞をレジバッグとして再活用する運動を四万十川流域の住民がスタートさせた。
新聞紙は古紙100%。リサイクル商品である古新聞をレジバッグ=包装資材として生活場面で再利用していこうと考え、このバックを作成したのは十和村に住む主婦!
驚いたのは、ハサミを使わず折っただけでできていること。 強度も普通に使うのには申し分なくいい。
そして「イトウバッグ」と命名されたこのエコバックは今や地元をはじめ、ロサンゼルスの美術館や、ロンドンのファッションブランド会社から注文が来るほど人気を博し、毎月1000袋を輸出するヒット商品となったのだ。

 イトウバッグ
 価格 1,000円(大中小の3点セット)

 Where to buy : 道の駅「四万十とおわ」
posted by SHIMI at 11:23| Eco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。