2008年04月08日

ドキドキしてしまう建築

beijingstadium.jpg北京に住む友人も「文字通り日に日にかわってゆく」と言うように、北京はすごい勢いで発展しています。
その印として目覚しいのが、建築です。
最近のデザイン紙を開けば、毎月のように新しい、しかも斬新な建築物が載っています。
その中でも一番目を引くのがこの、オリンピックスタジアム「鳥の巣」。
スイス人建築家ユニット、ヘルツオーク&ド・ムーロンの作品です。
まだ間近で見ていないけど、ドキドキしてしまいます。こんな時代がくると50年前には誰が想像できたでしょう。
諸々と問題の多い中国ですが、その発展のスピードとセンスには目を見張るものがあります。楽しみですね。

 Herzog & Meuron /(Beijing National Stadium)Olympic Stadium

 Where to check out : http://en.beijing2008.cn/cptvenues/venues/nst/
posted by SHIMI at 14:59| Culture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。